12月にお届けのお花

By 2019年12月3日medeluのお花

12月にお届けするお花のご紹介です。

赤・緑・白などのクリスマスカラーの花材を中心にクリスマスデコレーションのお部屋に溶け込みやすいお花を選ぶ予定です。
お花の生け方・飾り付け方はぜひ公式Instagramでチェックしてみてください。

 

・1週目(平日コース)
・1週目(週末コース)
・2週目(平日コース)
・2週目(週末コース)
・3週目(平日コース)
・3週目(週末コース)
・4週目(平日コース)
・4週目(週末コース)

■1週目(平日コース)



■Basicコース

<お花の花言葉>
アルストロメリアのホットペッパーは「持続」
メラレウカは「力強い味方」
ガーベラは「希望」
スターチスは「変わらぬ心」
ヒペリカムのキャンディフレアは「きらめき」

<ワンポイントレッスン>
クリスマスに欠かせない葉物として有名なメラレウカはイギリスの有名な探検家のキャプテン・クックがお茶として好んで飲んだことから「ティーツリー」との愛称でも親しまれています。葉に殺菌力を持つことからオーストラリアの先住民は薬として活用されており、現在ではハーブとして活用されています。
ブーケのサブとして同色のアルストロメリアと被らないように高さを変え、下部に飾るとメインの花を引き立てやすくなります。

<運気アップ>
メラレウカやアルストロメリアの赤色は風水において「火」を表し、「南に飾ると才能や美容の運気」をアップしてくれます。才能は仕事運に大きく直結しますので営業の方には特にオススメです。木で燃やすという意味で緑色のラグマットがあれば更に運気アップです!

■Liteコース

<お花の花言葉>
アスターのステラスカーレットは「私はあなたを想うでしょう」
ホワイトレースフラワーは「可憐な心」
ブルーアイスは「永遠」

<ワンポイントレッスン>
ブルーアイスはユーカリと並んでクリスマス装飾に欠かせない代表的な葉物の一つです。「ブルーアイス クリスマス」で検索すると素敵なクリスマスツリーやクリスマススワッグの写真が沢山出てきますので、今年のクリスマス装飾の参考になると思います。自らを白く装飾するブルーアイスはまるで雪化粧したクリスマスツリーのようでとてもかわいいグリーンです。日差しに弱いので、出来るだけ日光の当たらない場所で鑑賞して頂けると長持ちすると思います。

<運気アップ>
ブルーアイスの緑色は風水において「木」を表し、「東に飾ると成長や発展の運気」をアップしてくれます。音や情報との相性がいいらしく、音楽関係やメディア関係の人に特にオススメです。「木」は「水を表す青」との相性がいいので、薄い青色などのラグマットや花瓶があれば更に運気アップです!

 

 

■1週目(週末コース)



■Basicコース

<お花の花言葉>
アストランチアは「愛の渇き」
コチアは「恵まれた生活」
シルバーブルニアは「小さな勇気」
レナンセラレッドは「気品」
スプレーストックは「順風満帆」
レモンリーフは「純粋な愛」
小花のMIXをおまけで付けています!

<ワンポイントレッスン>
シルバーブルニアはワイルドフラワーとして流行中のお花です。最近ではクリスマスガーランドやウエディングブーケとしても活用されています。雪のかかったような趣のある形状がクリスマスが少しづつ近くなっていることを感じさせてくれます。丈夫で花持ちが良いですが、水切りは必要です。また、水が汚れやいので、出来るだけ水換えを意識してください。そのままドライフラワーにもなりますので、半永久的に鑑賞をお楽しみ頂けます。赤・白・緑など色が強く感じられる方は1輪づつ飾るとまた別の顔を見せてくれますので、ぜひお試しください。
アストランチアは頭が重く茎が細いので、頭が下がる場合は深水をお試しください。

<運気アップ>
シルバーブルニアの銀色は風水において「金」を表し、「西に飾ると金運の運気」をアップしてくれます。金運だけでなく、人間関係や恋愛運にも関係しているそうです。

■Liteコース

<お花の花言葉>
アストランチアは「愛の渇き」
コチアは「恵まれた生活」
シルバーブルニアは「小さな勇気」
ガーベラのMIXは「希望」

<ワンポイントレッスン>
シルバーブルニアはワイルドフラワーとして流行中のお花です。最近ではクリスマスガーランドやウエディングブーケとしても活用されています。雪のかかったような趣のある形状がクリスマスが少しづつ近くなっていることを感じさせてくれます。丈夫で花持ちが良いですが、水切りは必要です。また、水が汚れやいので、出来るだけ水換えを意識してください。そのままドライフラワーにもなりますので、半永久的に鑑賞をお楽しみ頂けます。赤・白・緑など色が強く感じられる方は1輪づつ飾るとまた別の顔を見せてくれますので、ぜひお試しください。
アストランチアは頭が重く茎が細いので、頭が下がる場合は深水をお試しください。

<運気アップ>
シルバーブルニアの銀色は風水において「金」を表し、「西に飾ると金運の運気」をアップしてくれます。金運だけでなく、人間関係や恋愛運にも関係しているそうです。

 

■2週目(平日コース)


■Basicコース

<お花と花言葉>
サンデリアーナは「幸福、開運」
丸葉ルスカスは「陽気」
スキミアのレッドは「寛大、清純」
ヒペリカムのココバンブーは「きらめき」
宿根スターチスのエバースノーは「変わらぬ心」
カーネーションのバイパーワインは「美しいしぐさ、無垢で深い愛」

<ワンポイントレッスン>
スキミアは12月になると花屋さんが一斉に仕入を始めるの花材です。赤く小さい実がクリスマスを連想させることから別名を「クリスマススキミー」と言います。クリスマスに関連しているのですが原産国は日本でミカン科に属しており、寒さにも暑さにも強いことから苗鉢としてお庭に彩りを与えてくれます。日本のシキミがヨーロッパで品種改良され、最近では日本でスキミアと名前を変え野草系ブーケやドライフラワーとして流行しています。ミカン科ですが決して食べれませんので、小さいお子さんペットがいる場合は決して口にしないように注意してください。

<運気アップ>
スキミアの赤色は風水において「火」を表し、「南に飾ると才能や美容の運気」をアップしてくれます。才能は仕事運に大きく直結しますので営業の方には特にオススメです。木で燃やすという意味で緑色のラグマットがあれば更に運気アップです!

■Liteコース

<お花と花言葉>
マトリカリアのシングルベルモは「集う喜び」
スプレーカーネーションのミヌエットは「集団美」
ヒペリカムのココウノorキャンディフレアは「きらめき」
ゴッドセフィアーナは「幸せな恋」

<ワンポイントレッスン>
小さい花をたくさん咲かせるマトリカリアはユーラシア大陸原産で貿易が盛んになった明治時代に日本に伝わりました。ヨーロッパでは古くからハーブとして栽培されており、脳の血管収縮を抑制することで偏頭痛を予防・緩和する効能があるといわれています。小さなお花が様々な方向に向いている姿が喜んでいるように見えることからその花言葉は「集う喜び」といいます。白くかわいく、そして主張の強くない姿はかすみ草と並んでメインのお花を引き立ててくれる代表的なお花です。

<運気アップ>
マトリカリアの白色は風水において「金」を表し、「西に飾ると金運の運気」をアップしてくれます。金運だけでなく、人間関係や恋愛運にも関係しているそうです。

 

■2週目(週末コース)


■Basicコース

<お花と花言葉>
ブルーアイスは「永遠」
ブルースターは「幸福な愛、信じあう心」
かすみ草 は「清らかな心」
スプレーカーネーションは「集団美、素朴」
レースフラワーは「可憐な心、感謝」
サツマスギ(ヒムロスギ)は「 あなたのために生きる」

<ワンポイントレッスン>
モコモコとした触感のサツマスギはクリスマスの飾り付けで人気があります。葉は霜に当たると赤茶色に変わることからシモフリヒバ(霜降り檜葉)との別名で呼ばれています。飾り付けのポイントはメインのお花を包むようにメインの下部の添えるように生けるのがオススメです。

<運気アップ>
サツマスギの緑色は風水において「木」を表し、「東に飾ると仕事の運気」をアップしてくれます。木の気は、情報との相性がいいので、メディア系の仕事をしている人には特にオススメです。青・水色との相性のいいので、花瓶やコースーなどであしらって頂けると更に運気アップです。

■Liteコース

<お花と花言葉>
カーネーションの白or淡オレンジは「美しいしぐさ、無垢で深い愛」
かすみ草 は「清らかな心」
ヒペリカムは「きらめき」
サツマスギ(ヒムロスギ)は「 あなたのために生きる」

<ワンポイントレッスン>
モコモコとした触感のサツマスギはクリスマスの飾り付けで人気があります。葉は霜に当たると赤茶色に変わることからシモフリヒバ(霜降り檜葉)との別名で呼ばれています。飾り付けのポイントはメインのお花を包むようにメインの下部の添えるように生けるのがオススメです。

<運気アップ>
サツマスギの緑色は風水において「木」を表し、「東に飾ると仕事の運気」をアップしてくれます。木の気は、情報との相性がいいので、メディア系の仕事をしている人には特にオススメです。青・水色との相性のいいので、花瓶やコースーなどであしらって頂けると更に運気アップです。

 

■3週目(平日コース)



■Basicコース

<お花と花言葉>
マトリカリアのピュアホワイトは「集う喜び」
ラナンキュラスの雪てまりは「華やかな魅力」
ドラセナグリーンは「隠しきれない幸せ」
ヒペリカムのココリオは「きらめき」
かすみ草 は「清らかな心」
松笠は「不老長寿」
ブルーアイスは「永遠」

<ワンポイントレッスン>
ラナンキュラスは幾重にも重なった花弁が可愛らしく、最近ではバラを凌ぐほど人気のあるお花です。高品質なラナンキュラス産地で知られる香川県のオリジナルブランド「雪てまり」を仕入れています。蕾の形が手鞠に似ていることからこの名前が付けられました。雪てまりは他のラナンキュラスと比べて茎が固く日持ちするのが特徴的です。
生けるポイントは大きく2つあります。1つ目は「浅水」で生けることです。浅水とは水を少なめに入れることで、花瓶の底から約1cm位の水をキープするように徐々に継ぎ足していく生け方です。細い茎が特徴的なラナンキュラスは深く水に付けると茎が腐りやすいため、開花に合わせて徐々に茎を切っていくことがオススメです。お手間かもしれませんが、浅水によってラナンキュラスの鑑賞時期はとても長くなりますので、ぜひお試しください。
2つ目の生けるポイントは満開近くになったら茎を短くすることです。ラナンキュラスは満開に近づくにつれて、花の重みに茎が絶えれらず折れてしまうことがあります。茎を短くし、茎の強度を高めることで折れることを防ぎましょう。

<運気アップ>
ラナンキュラスの白色は風水において「土」を表し、「北東に飾ると健康の運気」をアップしてくれます。

■Liteコース

<お花と花言葉>
ラナンキュラスの雪てまりは「華やかな魅力」
スカビオサのMIXは「健気」
タラスピは「あなたに私のすべてを捧げます」
丸葉ルスカスは「 陽気」

<ワンポイントレッスン>
ラナンキュラスは幾重にも重なった花弁が可愛らしく、最近ではバラを凌ぐほど人気のあるお花です。高品質なラナンキュラス産地で知られる香川県のオリジナルブランド「雪てまり」を仕入れています。蕾の形が手鞠に似ていることからこの名前が付けられました。雪てまりは他のラナンキュラスと比べて茎が固く日持ちするのが特徴的です。
生けるポイントは大きく2つあります。1つ目は「浅水」で生けることです。浅水とは水を少なめに入れることで、花瓶の底から約1cm位の水をキープするように徐々に継ぎ足していく生け方です。細い茎が特徴的なラナンキュラスは深く水に付けると茎が腐りやすいため、開花に合わせて徐々に茎を切っていくことがオススメです。お手間かもしれませんが、浅水によってラナンキュラスの鑑賞時期はとても長くなりますので、ぜひお試しください。
2つ目の生けるポイントは満開近くになったら茎を短くすることです。ラナンキュラスは満開に近づくにつれて、花の重みに茎が絶えれらず折れてしまうことがあります。茎を短くし、茎の強度を高めることで折れることを防ぎましょう。

<運気アップ>
ラナンキュラスの赤色は風水において「土」を表し、「北東に飾ると健康の運気」をアップしてくれます。

■3週目(週末コース)



■Basicコース

<お花と花言葉>
ホワイトレースフラワーは「可憐な心」
ラナンキュラスの雪てまりは「華やかな魅力」
アスターのステラホワイトは「私はあなたを想うでしょう」
ヒペリカムのココリオは「きらめき」
アイビー は「永遠の愛」
ヒノキは「固い友情」
かすみ草 or タラスピは「清らかな心 or  あなたに私のすべてを捧げます」

<ワンポイントレッスン>
ラナンキュラスは幾重にも重なった花弁が可愛らしく、最近ではバラを凌ぐほど人気のあるお花です。高品質なラナンキュラス産地で知られる香川県のオリジナルブランド「雪てまり」を仕入れています。蕾の形が手鞠に似ていることからこの名前が付けられました。雪てまりは他のラナンキュラスと比べて茎が固く日持ちするのが特徴的です。
生けるポイントは大きく2つあります。1つ目は「浅水」で生けることです。浅水とは水を少なめに入れることで、花瓶の底から約1cm位の水をキープするように徐々に継ぎ足していく生け方です。細い茎が特徴的なラナンキュラスは深く水に付けると茎が腐りやすいため、開花に合わせて徐々に茎を切っていくことがオススメです。お手間かもしれませんが、浅水によってラナンキュラスの鑑賞時期はとても長くなりますので、ぜひお試しください。
2つ目の生けるポイントは満開近くになったら茎を短くすることです。ラナンキュラスは満開に近づくにつれて、花の重みに茎が絶えれらず折れてしまうことがあります。茎を短くし、茎の強度を高めることで折れることを防ぎましょう。

<運気アップ>
ラナンキュラスの赤色は風水において「土」を表し、「北東に飾ると健康の運気」をアップしてくれます。

■Liteコース

<お花と花言葉>
ラナンキュラスの雪てまりは「華やかな魅力」
ブルースターは「信じあう心」
千日紅のストロベリーフィールドは「色あせぬ愛」
アスパラナナス or スプレンゲリーは「我が勝利  or  魅力」

<ワンポイントレッスン>
ラナンキュラスは幾重にも重なった花弁が可愛らしく、最近ではバラを凌ぐほど人気のあるお花です。高品質なラナンキュラス産地で知られる香川県のオリジナルブランド「雪てまり」を仕入れています。蕾の形が手鞠に似ていることからこの名前が付けられました。雪てまりは他のラナンキュラスと比べて茎が固く日持ちするのが特徴的です。
生けるポイントは大きく2つあります。1つ目は「浅水」で生けることです。浅水とは水を少なめに入れることで、花瓶の底から約1cm位の水をキープするように徐々に継ぎ足していく生け方です。細い茎が特徴的なラナンキュラスは深く水に付けると茎が腐りやすいため、開花に合わせて徐々に茎を切っていくことがオススメです。お手間かもしれませんが、浅水によってラナンキュラスの鑑賞時期はとても長くなりますので、ぜひお試しください。
2つ目の生けるポイントは満開近くになったら茎を短くすることです。ラナンキュラスは満開に近づくにつれて、花の重みに茎が絶えれらず折れてしまうことがあります。茎を短くし、茎の強度を高めることで折れることを防ぎましょう。

<運気アップ>
ラナンキュラスの白色は風水において「土」を表し、「北東に飾ると健康の運気」をアップしてくれます。

 

■4週目(平日コース)



■Basicコース

<お花と花言葉>
アスチルベのライトピンクは「 恋の訪れ」
デンファレのタイヨウピーチ は「お似合いのふたり」
LAユリのアリーバは「 純粋」
ワックスフラワーのピンク は「まだ気づかれない長所」
木苺は「幸福な家庭」
スプレーストックのチェリーカルテットは「 順風満帆」

<ワンポイントレッスン>
ふわふわな見た目が可愛らしいアスチルベはピンク系や白系のブーケで可愛らしさのアクセントとして良く利用されます。色落ちしますがドライフラワーとしてもよく利用されます。
少し水を吸い上げる力が低いので、元気がなくなってきたら湯揚げという方法で回復させることができます。湯揚げとはその名前の通りにお湯に付けることで、導管内の空気を外に押し出し水を吸いやすくする方法です。アスチルベを紙でまっすぐの状態に巻き込み、30秒程お湯につけます。その後、水に戻し数時間経って巻紙を取るとしゃきっとした姿を見せてくれると思います。

<運気アップ>
アスチルベのピンク色は南西に飾ると、「財産の運気」をアップしてくれます。

■Liteコース

<お花と花言葉>
グニユーカリは「思い出」
ラグラスは「 私を信じて」
ワックスフラワーのピンクは「まだ気づかれない長所」

<ワンポイントレッスン>
グニユーカリはクリスマスブーケ・ドライフラワー・スワッグ等どんな場面でも活躍してくれる大流行中のグリーンで、渦を巻くようにメインのお花を囲うように飾ると立体性が出て綺麗に飾ることができます。
薄い銀や白がかったユーカリはまるで雪がかったクリスマスツリーの様で、丸く小さい形状はとっても可愛く癒やし効果抜群です。
初めて部屋にグリーンを飾る方でも簡単に生けることの出来る形状でそのままドライフラワーになりますので、半永久的に鑑賞できます。
原産国はオーストラリアで山火事の後の雨で発芽することから「再生・新生」という花言葉もあります。

<運気アップ>
グニユーカリの緑色は東に飾ると、「健康の運気」をアップしてくれます。

 

■4週目(週末コース)



■Basicコース

<お花と花言葉>
スプレーマムのマフィンは「 清らかな愛」
葉牡丹は「 愛を包む」
千両の紅たてやまは「裕福」
LAユリのパビバは「 純粋」

<ワンポイントレッスン>
お正月の飾り付けの風習とまでになった千両は江戸時代から縁起物として親しまれています。
千両は財の代名詞で「恵まれた才能、裕福、富」という花言葉もあり、新年にとても縁起良い花材です。
その品種は「日本一の千両として通常では流通していない千葉県館山産山川農園の紅たてやま」を仕入れました。従来の赤実と比べて華やかな紅色が特徴で、軸の色も深い赤色で、葉に艶があります。種苗登録された限定品で生産者の納得のいく商品しか出荷されないため、通常の2倍近い値段が付けられています。今年は台風の影響で停電などの苦難を乗り越えて出荷された更に生産者の愛情の詰まった特別な千両ですので、ぜひ他の千両と見比べてお楽しみください。
千両は直射日光と乾燥に弱いため、日陰で鑑賞することをオススメします。
葉牡丹もお正月に門松などと一緒に飾られます。「祝福」という花言葉もあり新年を迎えられたことを一緒にお祝いしてくれます。昔は牡丹をお正月に飾っていたのですが葉牡丹の方が丈夫で長持ちするため、最近では葉牡丹の方がお正月では親しまれています。

<運気アップ>
千両の赤色は北東に飾ると、「仕事・勝負の運気」をアップしてくれます。

■Liteコース

<お花と花言葉>
スプレーマムのマフィンは「 清らかな愛」
葉牡丹は「 愛を包む」
千両の紅たてやまは「恵まれた才能、裕福」

<ワンポイントレッスン>
お正月の飾り付けの風習とまでになった千両は江戸時代から縁起物として親しまれています。
千両は財の代名詞で「恵まれた才能、裕福、富」という花言葉もあり、新年にとても縁起良い花材です。
その品種は「日本一の千両として通常では流通していない千葉県館山産山川農園の紅たてやま」を仕入れました。従来の赤実と比べて華やかな紅色が特徴で、軸の色も深い赤色で、葉に艶があります。種苗登録された限定品で生産者の納得のいく商品しか出荷されないため、通常の2倍近い値段が付けられています。今年は台風の影響で停電などの苦難を乗り越えて出荷された更に生産者の愛情の詰まった特別な千両ですので、ぜひ他の千両と見比べてお楽しみください。
千両は直射日光と乾燥に弱いため、日陰で鑑賞することをオススメします。
葉牡丹もお正月に門松などと一緒に飾られます。「祝福」という花言葉もあり新年を迎えられたことを一緒にお祝いしてくれます。昔は牡丹をお正月に飾っていたのですが葉牡丹の方が丈夫で長持ちするため、最近では葉牡丹の方がお正月では親しまれています。

<運気アップ>
千両の赤色は北東に飾ると、「仕事・勝負の運気」をアップしてくれます。

Leave a Reply