4月お届けのお花

By 2020年3月31日medeluのお花

GWは配送をお休みします。

一部のエリアで配送を一時停止します。

4月にお届けするお花のご紹介です。

4月は新生活が始まる時期です。
これまで自分自身を支えてくれた人に感謝の気持ちを忘れずに、新しい気持ちで何事にも打ち込めるように「感謝と門出」をテーマにしたブーケをお届けする予定です。

お花の生け方・飾り付け方はぜひ公式Instagramでチェックしてみてください。


1週目(平日コース)


Basicコース / 花言葉

ビバーナム(スノーボール)「誓い」
タラスピ「私の全てを捧げます」
リューカデンドロン(サプリーム)「閉じた心を開いて」
ニゲラ(ブルー)「未来」
レースフラワー(グリーンミント)「感謝」
ブルースター「幸福な愛」

Liteコース / 花言葉

ニゲラ(ブルー)「未来」
ブルーレースフラワー「無言の愛」
ブルースター「幸福な愛」
カスミ草「清らかな心」

心身のバランスを整えるグリーン

新しい生活がスタートすると、気づかなうちに疲れがたまってしまうものです。Basicでは心身のバランスを整え、疲れを癒やしてくれるグリーンを中心としたブーケとさせて頂きました。

グリーンは中間色で刺激が少ないことから見る人に安心感をもたらし、心身のバランスを整えてくれる効果があると言われています。

グリーンは自然を連想させてくれるため、自然が持っている成長や再生のパワーを感じ、自己治癒能力を高めてくれます。

緊張を解くブルー

新生活はどうしても肩が張ってしまうもの。Liteでは感情の高まりを緩和させ、自然と落ち着かせてくれるブルーを中心としたブーケとしました。

ブルーは脈拍と体温を下げ、呼吸を深くする効果があるため、安らぎをもたれしてくれます。

集中力を乱さずに心を落ち着かせてくれるめ、職場のデスクなどにブルーのお花を置くと冷静な判断力で的確に仕事に取り組めると言われています。

春のお花のお手入れ方法

春を代表するお花は小ぶりで可愛らしいお花が多いです。小花は茎が細いため根詰まりがしやすく萎れやすいという欠点がございます。

解決方法は大きく2つあります。
1つ目は「湯揚げ」です。

湯揚げとは花瓶に生ける前に茎をお湯につける方法です。お湯は茎の導管内の空気を膨張させ、導管の水の通りをよくしてくれます。お湯の後に水につけることで水圧が上がり、一気に水を吸い上げてくれます。

湯揚げの方法は花と茎をなるべくきっちりとすき間なく紙で包みます。ここのまま茎先1~2cmほどを、80℃以上のお湯に10~20秒ほど浸し、すぐにたっぷりの水につけます。できれば1時間ほど茎を水につけたままにしておくと、さらに水がよく上がります。湯気がお花の茎以外につかないように注意してください。

2つ目は花瓶を洗剤でゴシゴシ洗うことです。
お花が枯れる一番大きな原因は水の中に出てくる雑菌です。花瓶の雑菌は水洗いだけでは落ちずに繁殖する力を持ちます。ぬめりがなくなるまで洗剤でゴシゴシ洗って清潔な花瓶で飾るとか弱い小花も長く生きることができます。

運気アップ

グリーンのブーケは北西に飾ると仕事運をアップしてくれます!

ブルーのブーケは南に飾ると仕事運・勉強運をアップしれくます!


1週目(週末コース)


Basicコース / 花言葉

フランネルフラワー「いつも愛して」
チョコレートコスモス「新しい恋のはじまり」
ホワイトレースフラワー「感謝」
タラスピ「私の全てを捧げます」
ニゲラ(ブルー)「未来」
リューカデンドロン(サプリーム)「閉じた心を開いて」
カスミ草「感謝」
ブルーレースフラワー「優雅な振る舞い」

Liteコース / 花言葉

フランネルフラワー「いつも愛して」
チョコレートコスモス「新しい恋のはじまり」
ホワイトレースフラワー「感謝」
タラスピ「私の全てを捧げます」

心身のバランスを整えるグリーン

新しい生活がスタートすると、気づかなうちに疲れがたまってしまうものです。心身のバランスを整え、疲れを癒やしてくれるグリーンを中心としたブーケとさせて頂きました。

グリーンは中間色で刺激が少ないことから見る人に安心感をもたらし、心身のバランスを整えてくれる効果があると言われています。

グリーンは自然を連想させてくれるため、自然が持っている成長や再生のパワーを感じ、自己治癒能力を高めてくれます。

緊張を解くブルー

新生活はどうしても肩が張ってしまうもの。Basicでは感情の高まりを緩和させ、自然と落ち着かせてくれるブルーのお花を選びました。

ブルーは脈拍と体温を下げ、呼吸を深くする効果があるため、安らぎをもたれしてくれます。

集中力を乱さずに心を落ち着かせてくれるめ、職場のデスクなどにブルーのお花を置くと冷静な判断力で的確に仕事に取り組めると言われています。

春のお花のお手入れ方法

春を代表するお花は小ぶりで可愛らしいお花が多いです。小花は茎が細いため根詰まりがしやすく萎れやすいという欠点がございます。

解決方法は大きく2つあります。
1つ目は「湯揚げ」です。

湯揚げとは花瓶に生ける前に茎をお湯につける方法です。お湯は茎の導管内の空気を膨張させ、導管の水の通りをよくしてくれます。お湯の後に水につけることで水圧が上がり、一気に水を吸い上げてくれます。

湯揚げの方法は花と茎をなるべくきっちりとすき間なく紙で包みます。ここのまま茎先1~2cmほどを、80℃以上のお湯に10~20秒ほど浸し、すぐにたっぷりの水につけます。できれば1時間ほど茎を水につけたままにしておくと、さらに水がよく上がります。湯気がお花の茎以外につかないように注意してください。

2つ目は花瓶を洗剤でゴシゴシ洗うことです。
お花が枯れる一番大きな原因は水の中に出てくる雑菌です。花瓶の雑菌は水洗いだけでは落ちずに繁殖する力を持ちます。ぬめりがなくなるまで洗剤でゴシゴシ洗って清潔な花瓶で飾るとか弱い小花も長く生きることができます。

運気アップ

グリーンのブーケは北西に飾ると仕事運をアップしてくれます!

ニゲラ・ブルーレースフラワーのブルーは南に飾ると仕事運・勉強運をアップしれくます!


2週目(平日コース)


Basicコース / 花言葉

スプレーカーネーション(ラベンダーテッシノ)「集団美」
モカラ(チャックワンブルー)「気品」
ブルーレースフラワー(ピンク)「慎み深い人」
スプレーヒペリカム(マジカルビクトリー)「きらめき」
モンステラ「嬉しい便り」
スターチス or ラベンダー「上品 or 献身的な愛」
ワトソニア「豊かな心」

Liteコース / 花言葉

スプレーカーネーション(ラベンダーテッシノ)「集団美」
マトリカリア(シングルベルモ)「鎮静」
スターチス or ラベンダー「上品 or 献身的な愛」
ワトソニア「豊かな心」

花を愛でる理由

人はこれまで様々な不安や困難を乗り越えてきました。戦後初めて非常事態宣言が出されたこの日も数年後には「耐え忍んできたから今がある」と振り返る時が来ると思います。

日本人の利他的な心と花には関係性があると思います。
花に癒やされ、心を落ち着かせると今の自分自身の心を見つめ直すことが出来ます。

緊急事態宣言の中でも、自分自身を見つめ直す時間を作れることで、今まで当たり前だと思っていたことに感謝の念が生まれ、人にも自然にも優しくすることができる。

この経験をするからこそ人は花に感謝し、花を愛おしいと感じるのだと思います。

数年後にお花のお陰で利己的な行動をせず、緊急事態宣言時にでも冷静に行動できたと多くの方に感じれてもらえるように、この花言葉のブーケをお送りしたいと思います。

・スプレーカーネーション「集団美」
・モカラ「気品」
・ブルーレースフラワー「慎み深い人」
・スターチス or ラベンダー「上品 or 献身的な愛」
・ワトソニア「豊かな心」
・マトリカリア(シングルベルモ)「鎮静」

悲しみや怒りを抑えるパープル

国や地方自体の対策、そして軽率な行動をする人たちに対して怒りを感じることもあると思います。電車で通勤するパートナーがウイルスに感染しないか不安や悲しさを感じる時もあると思います。

紫色は心にある怒りや悲しみを軽減する効果があると言われています。心身を癒やし、不調を回復させる力を持っており、心が疲れた時により所になる色です。

紫は心に落ち着きをもたらし、冷静に対処できるようになるといった効果もあります。

運気アップ

紫色は南の方角に飾ると家族運をアップしてくれます!


2週目(週末コース)


Basicコース / 花言葉

アスチルベ(ピンク)「自由」
スプレーカーネーション(ラベンダーテッシノ)「集団美」
アルストロメリア(プリマドンナ)「気配り」
ガーベラ(ポンポンMIX)「感謝」
ワトソニア「豊かな心」
スターチス(レースラベンダー)「上品」
スモークグラス「素直」
マトリカリア(シングルベルモ)「鎮静」

Liteコース / 花言葉

宿根スイートピー「ほのかな喜び」
スカビオサMIX「再起」
リューココリーネMIX「温かい心」
スターチス(レースラベンダー)「上品」
スモークグラス「素直」

花を愛でる理由

人はこれまで様々な不安や困難を乗り越えてきました。戦後初めて非常事態宣言が出されたこの時期も数年後には「耐え忍んできたから今がある」と振り返る時が来ると思います。

日本人の利他的な心と花には関係性があると思います。
花に癒やされ、心を落ち着かせると今の自分自身の心を見つめ直すことが出来ます。

緊急事態宣言の中でも、自分自身を見つめ直す時間を作れることで、今まで当たり前だと思っていたことに感謝の念が生まれ、人にも自然にも優しくすることができる。

この経験をするからこそ人は花に感謝し、花を愛おしいと感じるのだと思います。

数年後にお花のお陰で利己的な行動をせず、緊急事態宣言時にでも冷静に行動できたと多くの方に感じれてもらえるように、この花言葉のブーケをお送りしたいと思います。

・スプレーカーネーション「集団美」
・アルストロメリア「気配り」
・スターチス「上品」
・ガーベラ「感謝」
・ワトソニア「豊かな心」
・マトリカリア「鎮静」
・スモークグラス「素直」
・宿根スイートピー「ほのかな喜び」
・リューココリーネMIX「温かい心」
・スカビオサ「再起」

人に優しくなれるピンク

マスクや消毒液が買えなくてプンプンする時もあると思います。
そんな時に効果的なのがピンクのお花です。

ピンク色は人の心を優しく穏やかにしてくれる効果があります。
女性ホルモンの分泌を促し、自律神経を整えてくれます。
思うようにならないことに対する苛立ちを軽減する効果があるだけでなく、美肌効果まであります。

悲しみや怒りを抑えるパープル

国や地方自体の対策、そして軽率な行動をする人たちに対して怒りを感じることもあると思います。電車で通勤するパートナーがウイルスに感染しないか不安や悲しさを感じる時もあると思います。

紫色は心にある怒りや悲しみを軽減する効果があると言われています。心身を癒やし、不調を回復させる力を持っており、心が疲れた時により所になる色です。

紫は心に落ち着きをもたらし、冷静に対処できるようになるといった効果もあります。

運気アップ

ピンク色は北と西の方角に飾ると恋愛運をアップしてくれます!

紫色は南の方角に飾ると家族運をアップしてくれます!


3週目(平日コース)


GWは配送をお休みします。

Basicコース / 花言葉

カラー(クリスタルブラッシュ)「乙女のしとやかさ」
コデマリ「上品」
スプレーデルフィニウム(プラチナブルー)「聡明」
ソリダコ「用心」
エリンジューム(ブルーダイナマイト)「光を求める」
宿根スイートピー「ほのかな喜び」
ブバルディア(セシル)「不屈の精神」
ナルコユリ「元気を出して」

Liteコース / 花言葉

ソリダコ「用心」
宿根スイートピー「ほのかな喜び」
ナルコユリ「元気を出して」
スプレーマム(カリメロスノー)「清らかな愛」

人と花の関係

人は昔から花に意味を込めて生きてきました。数千年も昔から、花を通して時には愛を伝え、時には他人を称え、時には自制心を保つために人と花は繋がってきました。

産業が発達し、花に意味を込めなくても生きていける便利な社会になった一方で人と自然との距離が少しずつ離れてきました。

自粛活動で便利が不便になった今、人と花の距離がまた近づきつつあると感じます。花に癒やされ、感情が安らぐのを感じ、不安や怒りから開放され、自然体の自分を感じる。

自然体の自分になれるから、自分らしい行動ができ、花に感謝する。

だから人は花を愛でる、そしてこれからも更に愛でる機会が増えていくと思います。

先の見えないトンネルでもいつか光が射すと信じてこの花言葉のお花をお届けします。

・ソリダコ「用心」
・ブバルディア「不屈の精神」
・ナルコユリ「元気を出して」
・コデマリ「上品」
・スプレーデルフィニウム「聡明」
・カラー「乙女のしとやかさ」
・宿根スイートピー「ほのかな喜び」
・エリンジューム「光を求める」

調和のホワイト

白色はどんな色でも引き立ててくれ、どんな色にでも染まれる色です。ウエディングドレスが白いのは「あなたの色に染まる」という意味があり、相手の気持ちや生き方に同調し、共に歩んでいくという意志を表現します。

「同調し、共に歩んでいく」この思いを多くの方に感じでもらえますように。

運気アップ

ホワイトのブーケは不動産運をアップしてくれます!北東の方角に飾ると更に運気アップです!


3週目(週末コース)


GWは配送をお休みします。

Basicコース / 花言葉

オンシジューム(ハニードロップ)「協調」
シンビジューム(MIX)「飾らない心」
スプレーカーネーション(スカディ)「集団美」
ブバルディア(ホワイトスプリーム)「親交」
ギリア「ここに来て」
アスパラナナス「無敵」
宿根スイートピー「優しい思い出」

Liteコース / 花言葉

オンシジューム(ハニードロップ)「協調」
カーネーション「清らかな慕情」
マトリカリア(シングルベルモ)「鎮静」
丸葉ルスカス「陽気」

花が教えてくれた色彩

現代のように化学的染料が開発されるまでイエローやオレンジのようなカラフルな色彩があるということを人類は花で初めて認識したと言われています。

空や海からブルーを知り、山からグリーンを知り、大地から茶色をしり、花からイエローやオレンジを知る。

現代でも人が花に心を寄せてやまないのは花が自然と暮らす象徴として人に寄り添ってくれているからなのかもしれません。

知性を高めるイエロー

最近SNSで拡散されているデマに右往左往してしまった経験はございませんか? 「安心してください、食料は十分にあります」と言われると逆に食料を買いだめしなくてはと考えてしまうもの。

そんな時にはイエローの花をお家に飾りましょう。イエローは知性を高める色と言われ、理解力・記憶力・判断力を向上させてくれる頼りがいのある色です。

花の癒やし効果で心を落ち着かせ、イエロー効果で自分らしい賢い判断を行えますように。

暖かみをもたらすオレンジ

暖かみをもたらすオレンジ色は親しみが生まれ、仲間意識を強くする効果があるといわれています。1人で生きていくことのできない人にとって仲間意識の高まりはストレスを大幅に減少し、にぎやかで陽気な気分にさせてくれます。

帰省できずに1人で部屋にこもって自粛活動をしなければいけない方もいらっしゃると思いますので、この色のお花をお送りさせて頂きます。

運気アップ

黄色は西側に飾ると金運アップです。

オレンジは東南に飾ると結婚運アップです。


4週目(平日コース)


スカシユリ(オレンジココット)「純潔」
ブプレリウム「初めのキス」
マトリカリア(イエローベグモ)「鎮静」
オンシジュウム(ハニードロップ)「協調」
宿根スターチス(キノマルチーズ)「永遠に変わらない」
アスター(マッシュイエロー)「信じる心」
グニユーカリ「思い出」

Liteコース / 花言葉

スプレーバラ(エクレール)「愛」
スプレーカーネーション(ラスカルグリーン)「集団美」
ホワイトレースフラワー「細やかな愛情」
カスミソウ「感謝」

心身のバランスを整えるグリーン

緊急事態宣言が出されてから2週間が経ち、家での自粛生活で心も体も疲れてしまう頃と思います。

体を動かしたい!子供の面倒が大変!とストレスが爆発してしまう前に、グリーンのお花を家に飾ることで心身のバランスを整えましょう。

グリーンは中間色で刺激が少ないことから見る人に安心感をもたらし、心身のバランスを整えてくれる効果があると言われています。

グリーンは自然を連想させてくれるため、自然が持っている成長や再生のパワーを感じ、自己治癒能力を高めてくれます。

深呼吸し、大自然の中にいる自分を連想し、グリーンのお花を愛でて、心身のバランスを整えましょう。

ドライフラワーの作り方

お家時間を有効に活用するためにドライフラワーをつくってみませんか?

スプレーバラ、かすみ草、グニユーカリ、宿根スターチスはドライフラワーになりやすいお花です。

<ドライフラワーの作り方>
1.直射日光の当たらない風通しのよい室内を選びます
2.不要な葉っぱを取り除き、1本づつ逆さまにして吊り下げます
3.吊り下げて数日後には花を触ると柔らかい感じになります
4.だいたい1~2周間でドライフラワーの出来上がりです

<ドライフラワーを飾る場所>
・直射日光の当たらない風通しのよい場所が適しています
・キッチンの水回りとガス周りは水分や油が飛びやすいので避けましょう。

運気アップ


4週目(週末コース)


アスター(ステラスカーレット)「変化」
スカシユリ(オレンジココット)「威厳」
ヒペリカム(ココウノ)「悲しみは続かない」
ブプレリウム「初めてのキス」
宿根スターチス(キノマルチーズ)「変わらぬ心」
アストランチア(スターオブビリオ)「星に願いを」
千日紅(ストロベリーフィールド&クイズカーマイン)「不朽」
ゴッドセフィアーナ or グニユーカリ「幸せな恋or思い出」

Liteコース / 花言葉

アルストロメリアMIX「未来の憧れ」
ヒペリカム(ココシリーズMIX)「悲しみは続かない」
ゴッドセフィアーナ(フロリダビューティー)「秘めたる思い」

花に込める願い

人は文明が発達する何千年も前から花に願いを込め、困難を乗り越えてきました。

干ばつが続けば雨が降るように願い、
外部から敵が攻めてくれば勝利を願い、
大切な人が亡くなれば再会を願い、
絶望的な局面に立たされると光を求め、

その時々に願いを込める対象だったのが身近にあったお花です。
現代では都心部を中心に花を身近に感じる機会が減り、お花に願いを込めることが少なくなりましたが、花は今でも心身に活力を与えてくれるパワーがあります。

この花が持つ情緒的な価値をより多くの方に感じて頂き、豊かな暮らしを送る人を増やしたい。この想いでmedeluは創業しました。

鬱ぎ込む時間が多くなった今、未来に希望を感じ、前向きな心持ちになって頂きたいという思いを込めてこの花言葉のブーケをお送りさせて頂きます。

・千日紅「不朽」
・ヒペリカム「悲しみは続かない」
・アルストロメリア「未来への憧れ」
・ゴッドセフィアーナ「秘めたる思い」
・アストランチア「星に願いを」

 

星に願いを

Basicコースでは星をちりばめたような繊細で美しい花を咲かせるアストランチアを選びました。

ギリシャ語で星の意味を持つアスターという言葉から命名され、その容姿から「星に願いを」という花言葉をつけられました。

原産国はヨーロッパ中部からアジア西部で、特にヨーロッパでは古くからイングリッシュガーデンにおいて重宝されてきました。日本では最近のドライフラワーブームで火が付き、少しづつ浸透しつつあります。

星が輝いているかのような美しさをお楽しみください。

未来への憧れ

Liteコースでは様々な方向に綺麗な花を咲かせるアルストロメリアを選びました。

アルストロメリアの原産国は南アメリカのアンデス山脈の寒冷地で、寒い環境の中で春を待ち、春に合わせて開花する花です。原産国から「インカ帝国のユリ」とも呼ばれています。

1700年代に南米で発見され、日本には1920年頃に入り1980年代から本格的に品種改良が進み普及しました。

カラフルな色と華やかなまだら模様が織りなす華やぎ感が希望に溢れる雰囲気に繋がるということから「未来への憧れ」という花言葉が付けられました。

未来に大きな希望を持てますように。

Leave a Reply