ブログBLOG

【愛でるくらし】お花がある生活、始めましたVol. 1

お花のある生活 2022.04.14

ドキドキ、お花を待つ私。

medeluユーザー 新山さん

月並みですが、私「お花のある暮らし」に憧れていました。


でも、お花屋さんに行くことに敷居を高く感じていたり、子供が小さいうちはお花が家の中にあると容器を倒してしまうかも、とか。
ネコもいるので噛まれるんじゃないか。
そもそも、どんなお花を選べばいいのか分からない、などの理由で躊躇していました。

そんな中、いつの間にか子供もずいぶん大きくなり、気づけばすっかり「おうち時間」なる言葉が定着した今年、2022年4月。

私自身に新生活と呼べる新鮮な事は何もなく、でも、何か始めてみたいなぁと考えたとき、ネットで目に留まったのがmedeluさんの「お花の定期便」です。

見れば、medeluさんは、明治から100年以上続くお花屋さん。
「花を愛でることで毎日が豊になる」、という体験を広めたいと始められたお花の定期便では、毎週お花屋さんが選んだオススメを自宅ポストに届けてくれるのだとか。

しかも、medeluさんのホームページには、出荷する当日にお花を摘んで発送されていると書かれています。

摘みたてのお花がポストに?待っているだけでいいなんてステキ!!

ということで、「お花のある暮らし」に憧れだけがある、右も左も分からない初心者にとってうれしいシステムに、ほぼ衝動的にポチしたのが先週末のこと。

あと2日ほどで届くはずです。
私、ついに始めるのです、「お花のある暮らし」 。

注文してから、どこに飾ろうかと考える時間が増えました。
いわゆる飾り棚がない我が家で、お花の容器を置けそうな候補は数か所だけなのです。

イメージトレーニングをしながら待っている時間に、少しドキドキそわそわしています。

そしてそして。
ポストに入っていました!!!

注文したのだから、届くと分かっていてもうれしいですよね。
「medelu」と描かれたギフトボックスのような可愛い箱にテンションがあがります。

思っていたより箱の厚みが薄く、この中にお花が入っているの?と、少しビックリ。

では、早速開けてみましょう。

ようこそ我が家へ、第一号さんたち。
動画カメラマンをしてくれた息子も「わぁ!」という表情。

箱の中には、ブルーとホワイトのお花が1本ずつ。つぼみちゃん、そして、ツヤツヤグリーンの計4本。
丁寧に1本ずつ水の容器に挿されていました。

生産者の方が丹精込めて育てられたこだわりのお花たちが、昨日摘まれてはるばるやって来たと思うと本当に愛おしいですね。

さてさて、このサイズのお花に合うコップは・・・どれにしよう・・・(我が家には、フラワーベースがまだありません)。

そして、イメトレしていた場所に置いてみましょう。

はっ!どうでしょうか?

同じ場所なのに、いっきに華やかになりましたよね!
ドカッと何本も飾れるスペースがないので、これぐらいのさりげなさが我が家にはちょうどいい感じ。
ここは、キッチンとテーブルの間のカウンターなので、どちら側からも目に入るのがうれしいポイントです。

今回、初めてなので一番小さい(少ない)、Miniというメニューを選んだのですが、それでもなかなかの高揚感があります。

これが毎週届くなんて!
この4本の組み合わせ、もし自分で選んでいたら、きっと迷って迷って、ちぐはぐな感じになっていたかもしれません。

お花のプロが選んでくれているという安心感がすごいですね。

さらに、飾ってみてわかったことがあります。
もともと、フラワーベースがなくてもコップに活ければいいや、と安易に考えていたのですが、いざ飾ろうとすると4本のバランスが難しいのです。

活け方は人それぞれ、バランスも好みだとは思うのですが、自分にとってしっくりくる感じに整わせるのに四苦八苦してしまいました。

お花ベテランさんにとっては「当たり前」のことかもしれませんが、超初心者の私がその時初めて気づいたのが、小さ目のフラワーベースの口が細くなっている理由。

コップだと4本がバラバラに向いてしまうのですが、フラワーベースの口が細いと、きっとキュッと4本がまとまりそうなんですよね。


何気なく、お花を飾っている画像をネットで見ていても分からないものですね(もしかして、気づいていないのは私だけ?)。

だから、次のお休みには、口の細くなったコンパクトな容器を探しに出かける予定を入れました!
透明の爽やかなガラス容器がこれからの季節には合うかもしれないし、優しい風合いの白の陶器もシンプルでお花が映えそう。

あ。もしかしたら、特徴的な形や色のユニークなフラワーベースだと、お花を活けていないときでもオブジェとしてありかもしれない!
などと妄想し、まだ見ぬフラワーベースのことを考えて、またワクワクしてきました。

お花が家に来ただけで、こんなに楽しいことを考える時間が増えるなんて!想像していた以上のトキメキがあります。
毎日仕事に家事にバタバタしていますが、こういう時間も大切ですね。

お花屋さんに定期的に通うことは、まだ私には難しいですが、日々の生活にちょっと彩がプラスされることで、心が豊かになりそうな予感がしています。

「medeluのお花の定期便」、すでに次に届くのが待ち遠しくてたまりません!


記事一覧に戻る