ブログBLOG

キャンペーンにご応募いただき、ありがとうございました!

お知らせ 2022.06.13

この度は「想いを贈る、こころがつながるキャンペーン」にたくさんのご応募いただきまして誠にありがとうございました。
皆様のお花に託す優しい想い、こころがつながる瞬間にmedeluが携わることができ大変嬉しく思います。


ご応募いただきました想いは全て素敵な想いで、お相手を想うお気持ちに時には涙しながら選ぶことがとても難しかったです。
ご当選は本来5名様の予定でしたが、6名様にお花をプレゼントさせていただきます。



ご応募いただきました、皆様のお花に託す優しい想いをご紹介させていただきます。


お花に託すお客様の想い


サプライズが苦手な自分ですが、いつも家事に子育てとグチひとつ言わず家庭を守ってくれる素敵な奥様に、初めてかも知れませんがお花を贈らせて下さい。本当に本当に感謝してます。「ありがとう」の言葉も掛けてあげられず、ダメな旦那かも知れませんが、心より感謝と愛で。。

病気がきっかけで高校を転校した貴女。大学受験は現役生で叶わなかったけれど、病気と闘いながら諦めず夢を追いかけている貴女。18でしなくていい苦労を経験したことで精神的に強くなった貴女を誇りに思います。母はずっとずっと未来永劫、貴女の1番の応援団です

1歳6か月の孫はお花が大好きで、お散歩に行くとお花を摘んでにこにことても嬉しそうです。そんな孫の笑顔にいつも癒されているおばあちゃんから、ありがとうの気持ちを込めてプレゼントしたいです!

彼女はお花が大好きで、近頃引越しを機にこちらのお花にも定期購入があるというのを初めて知り、知った直後に定期便の申し込みをしました。
先日、初回お届けがありサプライズで送ったのでびっくりはしていましたがすごく喜んでくれて、さらに定期便だというのを伝えるとテンションMAXで喜んでくれました。
彼女は舞台の仕事をしていて、5月末から11日間の連続公演で出演します。無事に公演が終了したころにまたお花が届くとなると疲れもぶっ飛ぶくらいのサプライズになると思い、嬉しそうな顔を見たいと思い応募させていただきました。

母の日の前に身内の手術・入院がありバタバタ時間に追われていました。お花が大好きな母にお花のプレゼントが出来なかった事が、今でも心に残っています。
母は食事でいいよって言ってくれて両親とお食事にも行きましたが、やはりお花のプレゼントが出来ると嬉しいです。ちょうど昨日、こちらの定期便に登録させてもらい来週から届くのを楽しみにしています。
今回の企画とても嬉しいです。
どうぞよろしくお願い致します。

二人三脚でがんばっているで賞

医療従事者であり、実家に帰ることができず両親になかなか会えていません。日頃から体調を気にかけてくれている両親。父には花を贈ったことがないので、この機会にプレゼントしたく応募させていただきました。

花にほとんど興味がない母ですが、私の家に来た時に庭の花や家に飾っている切り花を見て「この花綺麗やな」と言うようになりました。母の日ですら花はいらないという母ですが、少しは興味があるのかな?と思い母にブーケを贈りたいと思いました。

98歳の曽祖母が1月末にコロナ感染をし、約2ヶ月自宅療養の後に3.4.5月と入院となり全く会えておらず…そのお世話をしていた叔母も疲労から足の怪我をしてしまい今自宅療養されてます。私が妊娠中で会いに行くこともなかなか出来ず…亡くなった母の代わりに我が家の子どもたちをいつも歓迎してくれた2人に少しでも癒しの時間を持ってもらえたらと思い応募させていただきました。
恥ずかしながら、今まで食べる品を贈った事はあるのですが、お花は思いついていなかったので素敵だなと思い応募させて頂いた所存です。曽祖母は6月から施設に移動するそうなのですが、叔母がガラス越しに面会予定なのでその時に贈ったお花の画像か実物を少しわかる形で大好きな曽祖母にも贈れたらと思います。

中学から大学まで私立に通わせてもらって、なかなかの反抗期やワガママを聞いてもらい、思い通りにできる様にしてくれた母親に、今自分にできる形で恩返しをしたいと思い応募しました。

結婚して実家を離れて県外におり、コロナや家庭の事もあって数年実家に戻っていないため、頑張っている彼女に応援したい気持ちと花を見て笑顔になって欲しい。

姉は、お舅さんと同居しながら、家業の理美容店を営むお義兄さんを支えてくらしています。実家から離れて暮らす私に代わり、忙しい合間をぬって、週に1回は実家の母の様子を見に帰ってくれているので、いつも感謝しています。お花は、自宅のリビングか、お店に飾って癒やされてほしいなと思います。

付き合い始めて21年。お互い子持ちのバツイチ同士。当初は再婚も考えましたが色々あって今に至ります。
子供達も独立し、これからは二人の人生を歩みたいと願っています。
今までの感謝の気持と、これからも宜しくお願いしますという気持ちを込めて、お花を贈りたいです。

父の介護を頑張っている母へ、今年は母の日にお花を贈れなかったので。

昨年私の両親が相次いで亡くなったのですが、病院から連絡の度に遅刻・早退・欠勤をしなければならなかった時に、嫌な顔せず私の仕事を手伝い代わってくれて、いつも励ましてくれた女性で、とても支えて頂いたので。

父と祖父は仏さまになっているのですが…。実家に帰りたくても帰れない私の心の気休めとして、隔週で届けてもらっているお花も大変喜んでいます。その、実家で仏壇の世話をしてくれている母も高齢で周りには花屋さんも無いような田舎ゆえ、珍しい花を買う事すら難しいようです。「花が届くのが楽しみ~」と心待ちにしてくれています。そんな実家に隔週のベーシックに少しプラスさせてあげたいです。宜しくお願いします。

離れて暮らしていても、子ども(母にとっての孫)のお世話など快く手伝ってくれており、感謝の気持ちを伝えたいため

福岡に住む親友とは、予定を合わせて年に何回か会っていましたが、コロナ禍で難しい状況に…。会えない代わりに月1回の電話をしています。そのお喋りの中で、たくさん笑ったり、悩み事を話したり、心をリフレッシュさせてもらっています。その感謝を込めて、お花を贈りたいなと思いました。

父が亡くなって一年以上が経ったけれど、まだまだその現実を受け入れられていない部分が残っている現在。
生きている間はそんなに会話も多くはなかったはずなのに、あの声あの仕草を『思い出』として片付けるには私には時間が短過ぎて…
父の写真と自分のココロに花を添えたい。

結婚を機に転職をしてもらい、普段よりも疲れている妻に感謝を込めて贈りたい

父が亡くなって18年。ずっと一人暮らしの母へ感謝の気持ちを送りたいです。
もともと植物が好きで、休みの日は一日中庭仕事をしています。
以前は、部屋に花が飾ってあり、観葉植物もたくさんありました。
父がいた頃の、二人で水やりや日光浴をさせていた姿を思い出します。
最近は、造花を飾ることが多くなった母へ、かわいい花で癒やされてほしいです。

私には幼い頃から母親がおらず、祖母が母親として私たちを育ててくれました。自分の時間を惜しんでまで私たちを育ててくれた祖母に感謝の気持ちを伝えたいから

今年祖父が亡くなり、そのときに祖母の涙を初めて見ました。
それまで祖母は、あまり感情表現をしない人だと思っていました。でも、そうじゃない何かがあるんだろうなと今は感じています。
いつもなにかと言い合いになってばかりの二人だったけど、互いに信頼して、心配していたからこその言葉だったんだと後から感じました。
ずっと一緒にいたのに、なにか私は偏った見方をしていたのかもしれません。
今から感謝、ありがとうなんて遅いかもしれないけど、感謝とごめんの気持ちを込めて送りたいです!

もう2年近く会ってない妹にエールの意味も込めてお花を贈りたくて応募させてもらいました。コロナが流行りだしてから、もう2年の月日が経ちました。ですが、未だ医療に携わる人達は気軽に遊びに行ったり、実家に帰ったりすることができない環境にあります。妹とはいつも電話でのやりとりが多いですが、やはり落ち着いたら直接顔を見て元気付けてあげたいです。まだコロナで苦しむ人や後遺症で悩む人、いろんな患者さまが病院には訪れます。そんな人達の救いになればと今日も第一線で働く妹を誇りに思います。
そして、日本の医療従事者の皆さまに感謝申し上げます。

medeluではお花に託す優しい想いでこころがつながる瞬間をこれからもお手伝いしていきたいと考えております。
またこれからも同じような企画を行いたいと思いますので、その際は皆さまのご応募お待ちしております。

記事一覧に戻る